おしえて!瀬川さん ひとに優しくできる子、じぶんの気持ちを表現できる子に育つために親ができること
2016.10.26 |

おしえて!瀬川さん ひとに優しくできる子、じぶんの気持ちを表現できる子に育つために親ができること

■ 兄弟げんかは歩み寄りと問題解決の良い練習杏:この前は、子どもが兄弟げんかをしたときの親の対応について学びました。子ども同士のけんかでは親が裁判官になって解決しないほうがいい、ということにびっくりして...

続きを読む

おしえて!瀬川さん<br>子ども同士のけんかでは「親は裁判官になってはいけない」のです
2016.10.17 |

おしえて!瀬川さん
子ども同士のけんかでは「親は裁判官になってはいけない」のです

杏:今日は「兄弟げんか」に親はどう対応すべきか、を聞きたいと思います。 わたしには弟がいて、幼いときはよく遊びよくけんかをしていました。一方的にわたしがいじめていたとも言えますが…(笑)両親は手を焼いた...

続きを読む

おしえて!瀬川さん<br>さびしくても家族の認知症を受け入れ、互いに幸せに過ごすために
2016.10.07 |

おしえて!瀬川さん
さびしくても家族の認知症を受け入れ、互いに幸せに過ごすために

杏:先日、家族が認知症になったらどう接したらいいのか?というお話をうかがいました。コミュニケーションのポイントはわかりましたが、やっぱり家族にとっては、その人がもう別の世界に生きていることを認めるのっ...

続きを読む

おしえて!瀬川さん<br>家族が認知症になったら、どう接すればいいの?
2016.10.01 |

おしえて!瀬川さん
家族が認知症になったら、どう接すればいいの?

■ 認知症のひとの世界に付き合う 杏:この前「長いお別れ」という認知症を患った男性とその家族を描いた小説を読みました。2025年には認知症患者は700万人以上になると言われているし、他人事じゃないなあと思...

続きを読む

 

新着記事

 

中村 杏奈

「famitalk」を家族の絆を深めるアプリへと育て広める志をもち、新卒で入社した第一号社員。幸せな家庭をもつことが夢の一つ。

瀬川 文子

継母としての子育て経験を通し、お互いが分かり合えるコミュニケーションの大切さを、講演、研修、著作で伝えるコミュニケーションインストラクター。

 

 

家族からはじめよう
「ファミトーク」

ファミトークは、手のひらにあったかいお茶の間を作り出すアプリです。